最近のコメント

Re:??????(07)
LervEvomIN
2017/05/11 19:57
Re:??????(07)
FerdaEvomMN
2017/05/11 04:51
Re:??????(07)
LodweEvomWC
2017/05/11 01:58
Re:??????(07)
mioywbRU
2017/05/09 22:05
Re:埼玉県鳩ヶ谷(07)
Keisha
2017/04/26 21:55
Re:鳥取県倉吉(01)
山田 大樹
2015/03/06 21:56
Re:岩手県宮古(06)
2014/01/14 19:14
Re:福岡県門司(03)
小宮 由次
2012/10/06 18:38
Re:「まちかどの近代建築写真展in上尾」の案内ハガキ
おとやん
2012/08/09 00:17
Re:富山県戸出(07)
戸出人
2012/04/30 18:40

最近のトラックバック

犬山城
青春18切符で行く,日本の「城」巡り36
2011/01/05 09:02
「まちかどの近代建築写真展 in 大阪V」が始まりました
日常旅行日記
2010/03/14 22:59
まちかどの近代建築写真展 IN 大阪Ⅴ
ひろの東本西走!?
2010/03/14 21:54
まちかどの近代建築写真展 IN 大阪Ⅴ
ひろの東本西走!?
2010/03/14 19:54
「蟹工船」より「海に生くる人々」が面白い
t2001t2001のブログ
2009/06/10 01:27
小杉町内ぶらり 続
すじてつジャストライン
2009/06/09 00:40
撮影禁止が守るものは
中小企業診断士がブランド・デザイン・マーケティングを解説!
2009/02/24 19:34
ホフマン輪窯臨時公開
Ryo's Web Page! on web sinse 1995
2009/01/26 22:53
国重要文化財の煉瓦工場公開(埼玉県深谷市)
明治史研究のための情報ブログ
2009/01/20 13:44
そうすけのこと大好き!
興味な生活の物
2008/09/03 13:04

過去ログ

記事一覧

東洋+西洋=伊東忠太 ―よみがえった西本願寺「伝道院」―

ファイル 4495-1.jpg

大阪市北区天満橋の「大阪くらしの今昔館」で、現在開催中の『東洋+西洋=伊東忠太 ―よみがえった西本願寺「伝道院」―』ですが、入りはどんな具合なのでしょう。評判が、あまり聞こえてこないような……。6月9日(土)から7月8日(日)までの開催ですが、もう終盤ではありませんか。春に東京の「ギャラリーエークワッド」で開催した展示の巡回展ですが、東京とは別のものも展示されるとのことですので、とても期待しておりました。
http://konjyakukan.com/kikakutenji.html

さて、本日、その関連イベントであるシンポジウム「伊東忠太が目指した日本の様式建築」の参加証が届きました。申込順先着200名ということでしたが、無事に入れることになりました。通し番号がなんと1番ということで、これは一番目の申込みだったのでしょうか? 大阪では、伊東忠太は人気がないのかなぁ~と、ちょっと心配しています。まだ定員に達していないのかも知れませんので、関心のある方は、どうぞお申込み下さい。シンポジウムの開催は、7月6日(金)の18:30から20:30まで。大阪市中央区本町の竹中工務店大阪本店「いちょうホール」(御堂ビル1階)です。

小生は、夜行バスで大阪入りの予定。シンポジウム翌日は、京都の西本願寺伝道院を見てこようと思っております。修復工事が終わってから、まだ見ていないもので。

フレディ前村のこと

革命の侍―チェ・ゲバラの下で戦った日系二世フレディ前村の生涯
革命の侍―チェ・ゲバラの下で戦った日系二世フレディ前村の生涯

以前、『「前村」さん研究室』というページを作り、前村姓についていろいろ調べたのですが、その際、南米ボリビアでチェ・ゲバラと共に戦ったフレディ前村という日系二世がいたという情報を得ていました。

今日、ひょんなことから、フレディ前村の評伝が出版されていることを知りました。これは、読んでみなければなりません。書評によれば、フレディ前村の父親は鹿児島出身の前村純吉という人で、移民としてベルー経由でボリビアに渡り成功したようです。

全国の前村さん! 同姓の前村さんに、こういう人もいたのですよ。

「まちかどの近代建築写真展in上尾」開催決定

ファイル 4477-2.jpg
小生の地元であります埼玉県上尾市で、「まちかどの近代建築写真展」の開催が決まりました。JR上尾駅から徒歩10分ほどの所です。

◆名称:「まちかどの近代建築写真展in上尾」
◆主催:まちかどの近代建築写真展実行委員会
◆協力:近代建築探訪メーリングリスト
◆会場:上尾市役所ギャラリー
    埼玉県上尾市本町3-1-1(市役所東棟1階)
◆会期:2012年8月8日(水)~8月14日(火)
    午前10:00~午後8:00
    但し、8/8は午前中設営につきPM1:00より、
       8/14は撤収によりPM4:00まで
◆入場料:無料
ファイル 4477-1.jpg

北海道北見(02)

ファイル 4472-1.jpg

旧ホクレン野付牛薄荷工場研究室兼事務所(昭和10年築)。現在、北見ハッカ記念館として公開されています。

北海道北見(01)

ファイル 4471-1.jpgファイル 4471-2.jpg

旧ピアソン宣教師住宅(大正3年築)。現在、ピアソン記念館として公開されています。ヴォーリズ設計は図面により明らかとなっていましたが、近年、ヴォーリズが来訪したことも判明したとのこと。

北海道遠軽(14)

ファイル 4467-1.jpg

北海道家庭学校旧木工夫養成所(昭和25年築)。現在、博物館となっています。

北海道遠軽(12)

ファイル 4465-1.jpg

北海道家庭学校礼拝堂(大正8年築)。遠軽駅から約5キロほどのところにある、山麓の静寂な立地です。前回はタクシーで乗りつけましたが、今回は歩きました。

北海道遠軽(11)

ファイル 4464-1.jpg

井村商店。この商店の向いにあった遠軽中央病院の旧館は、すっかり更地となっていました。

北海道遠軽(10)

ファイル 4463-1.jpg

三笠屋製飴工場。上部6本の縦線の飾りが効いています。小生なら5本か7本にするのですが……。

北海道遠軽(09)

ファイル 4462-1.jpg

井口味噌醤油醸造元。車窓から見える線路沿いの倉庫で、ちょっと面白い形をしています。

北海道遠軽(08)

ファイル 4461-1.jpg

遠軽町消防本部。町史によれば、昭和41年築とのこと。左右対称のモダンな建物です。

北海道遠軽(07)

ファイル 4460-1.jpg

仲通駐車場奥の煉瓦蔵。ここも、煉瓦蔵だけが残されたパターンです。

北海道遠軽(06)

ファイル 4459-1.jpg

車窓から見えた煉瓦蔵。駅周辺は空地が多くなっていますが、煉瓦蔵だけは残されています。

北海道遠軽(04)

ファイル 4457-1.jpg

青山商店の煉瓦倉庫。国道に面した見世蔵の裏で見つけた、大きな煉瓦倉庫です。近所での聞き取りによれば、青山さんは林業で財を成したとのことです。

北海道遠軽(01)

ファイル 4454-1.jpg

遠軽駅(昭和7年築)。数年ぶりに道東を訪れました。遠軽駅は、廃線となった名寄本線と石北本線との分岐の関係でスイッチバックの駅になっており、高低差とは関係なくこの駅で進行方向が変わります。