最近のコメント

Re:鳥取県倉吉(01)
山田 大樹
2015/03/06 21:56
Re:岩手県宮古(06)
2014/01/14 19:14
Re:福岡県門司(03)
小宮 由次
2012/10/06 18:38
Re:「まちかどの近代建築写真展in上尾」の案内ハガキ
おとやん
2012/08/09 00:17
Re:富山県戸出(07)
戸出人
2012/04/30 18:40
Re:宮城県気仙沼(46)
一関市民
2011/10/23 12:13
Re:円形校舎のページに加筆
こちらはかもめ
2011/06/04 22:45
Re:「まちかどの近代建築写真展in大阪VI」(第21回)
J-heritage 前畑洋平
2011/05/01 02:26
Re:岩手県宮古(37)
小道
2011/04/18 21:43
Re:茨城県高萩(01)
高萩高子
2011/03/21 12:24

最近のトラックバック

犬山城
青春18切符で行く,日本の「城」巡り36
2011/01/05 09:02
「まちかどの近代建築写真展 in 大阪V」が始まりました
日常旅行日記
2010/03/14 22:59
まちかどの近代建築写真展 IN 大阪Ⅴ
ひろの東本西走!?
2010/03/14 21:54
まちかどの近代建築写真展 IN 大阪Ⅴ
ひろの東本西走!?
2010/03/14 19:54
「蟹工船」より「海に生くる人々」が面白い
t2001t2001のブログ
2009/06/10 01:27
小杉町内ぶらり 続
すじてつジャストライン
2009/06/09 00:40
撮影禁止が守るものは
中小企業診断士がブランド・デザイン・マーケティングを解説!
2009/02/24 19:34
ホフマン輪窯臨時公開
Ryo's Web Page! on web sinse 1995
2009/01/26 22:53
国重要文化財の煉瓦工場公開(埼玉県深谷市)
明治史研究のための情報ブログ
2009/01/20 13:44
そうすけのこと大好き!
興味な生活の物
2008/09/03 13:04

過去ログ

記事一覧

大分県大分(03)

ファイル 1731-1.jpg

旧二十三銀行本店(大正2年築)。現在、赤レンガ館として活用されています。

大分県大分(02)

ファイル 1730-1.jpg

旧大分県農工銀行(昭和7年築)。現みずほ銀行大分支店です。

山形県長井(19)

ファイル 1727-1.jpg

長井の大通りに建つ洋館。正面中央の小屋根が特徴的です。窓やシャッターなどの開口部は、後に改修されていると思います。

山形県長井(18)

ファイル 1726-1.jpg
駅前通りの安城中央安城。

ファイル 1726-2.jpg
大通り沿いにある安城本店。

山形県長井(17)

ファイル 1725-1.jpg
グンゼ長井工場。

ファイル 1725-2.jpg
塀を隔てた隣の敷地には、黒い塗装の協同薬品工業。こちらは、旧郡是長井工場の建物の転用かと思われます。

山形県長井(16)

ファイル 1723-1.jpg

個人邸。簡易郵便局長をなさった方の自邸とのこと。

山形県長井(15)

ファイル 1722-1.jpg

長井駅(大正3年築)。旧国鉄の駅舎です。現在、山形鉄道フラワー長井線の本社が置かれています。

山形県長井(14)

ファイル 1721-1.jpg

個人邸。この下見板張りの建物は、旧医院だったのではないかと思います。

山形県長井(13)

ファイル 1720-1.jpg

貿上醤油店。この界隈は、造り酒屋なども集まっています。

山形県長井(12)

ファイル 1718-1.jpg

旧郡役所の近所にあるパン・菓子・食料品店。ポーチが、最初からこの建物に付いていたものか、他の建物から移したものか不明です。

山形県長井(11)

ファイル 1717-1.jpgファイル 1717-2.jpg

長井市立長井小学校(昭和8年築)。左右対称の総2階建て、左右にそれぞれ4教室ずつ、全長100mに及ぶ大規模な木造校舎です。

旧長崎刑務所の近況など

ファイル 1716-1.jpg

先月、開発業者側から諫早市に、旧長崎刑務所の一部保存に向けての条件が提示され、今月中には書面で確認される方向という新聞記事が出ました。

その後の続報はまだありませんが、ネットで検索していたら、旧長崎刑務所の最新の状況についての写真がアップされていました。

きらとま無宿・国内自転車放浪編
http://d.hatena.ne.jp/killertomato/20071215/p1

広い煉瓦基礎の残る敷地に、旧長崎刑務所の管理棟がポツンと建っています。中央部分だけでなく、両袖部分も残っているではありませんか!!

このまま旧長崎刑務所の管理棟と正門の保存が実現すれば、必ず地域にとっても有益な施設となるはずです。多くの人々のアイデアをいれて、有効な使い道を導かなければなりません。

なお、先月11月19日の朝日新聞東京版に、法政大学工学部建築学科准教授の高村雅彦先生がコラムを書いています。その中に、旧長崎刑務所のことについて、ちょっとだけ触れています。

【高村雅彦准教授のキャンパスブログ】
連戦連敗
http://mytown.asahi.com/tokyo/news.php?k_id=13000150711190001

論旨は全く同感なのですが、旧長崎刑務所をテーマにしたゼミ生I君の苦境の話は、どうでしょう。建物の保存は、当然に、学者や研究者のためでは無いし、卒業がかかっていようが「関係無い」話です。逆に、この旧長崎刑務所の保存に向けて、いったいI君は何をしたろうかと問いたい。研究者としての立場は、各方面のいろいろなしがらみなどもあろうし、動きにくいことは十分理解できます。しかし、関わった以上は、たとえ無力であっても、自身にできる範囲で、自身が考えうる限りの行動を起こさなければ、ただ無力を嘆いていてもはじまりません。

高村ゼミのI君、もしこのブログを目にすることがあったら、ぜひ反論を下さい。きっとmixi上では何かをしたのだろうけれど、mixi上では仲間内にしか話題が広まりません。公開された場で、旧長崎刑務所に対するI君の思いを聴かせて下さい。

山形県長井(10)

ファイル 1703-1.jpg

旧羽前銀行長井支店(昭和9年築)。現在、個人邸となっています。

山形県長井(09)

ファイル 1702-1.jpg

旧西置賜郡役所(明治11年築)。現在、小桜館という名の貸しホールとなっています。来年、築130周年を迎え、記念イベントが計画されています。古い写真を見ると、ベランダの付いた玄関ポーチがあったようですので、その復元が待たれます。

倉吉の円形校舎が解体されそう

ファイル 1701-1.jpg

ブログ月刊旧建築さんの情報で知ったのですが、倉吉の旧明倫小学校の円形校舎が、2009年度中に解体の方針とのこと。市長が議会で述べたとの記事が地元紙に載っています。
http://www.nnn.co.jp/news/071207/20071207006.html

旧明倫小学校の円形校舎は、小学校の移転後、地域公民館などとして活用されていましたが、老朽化を理由に全ての入居団体が退去させられ、ここ十年近くは空家のままでした。これまでも、解体されそうだという情報はずっとあったのですが、とうとう年限を定めて解体の予定が発表されました。

解体まで、まだ丸々1年以上時間があるなどと思わず、どうすれば耐震問題をクリアし、活用していくことができるかを考えなければなりません。各地の円形校舎がここ数年の間に続々と解体されていますが、一方では、横浜の明倫学園(奇しくも同じ明倫!)の円形校舎がDOCOMOMO Japan 2005の15選に選ばれています。

円形校舎は、そこに学んだ人々にとって強烈な思い出を残しており、また、よその土地の者にとっては不思議で魅力的な建物でもあります。観光資源としても、十分役立つ建物です。

耐震問題ぐらいクリアできないはずがありません。コストをかけずに、いかに耐震補強を行なうか。これに答えなければならないのは、建築に関わる技術者の方々です。残そうとする人々の意思と、技術者の力とで、倉吉の円形校舎を残さなければなりません。

ちなみに、世間では、円形校舎の存在そのものを知らない人々が数多くいる現実があります。円形校舎に学んだ人々は、どうか円形校舎のことを周囲の人々に語ってあげてください。どんな校舎だったかを。人々が円形校舎に興味を持つことが、保存への第一歩なのですから。

山形県長井(08)

ファイル 1697-1.jpg

旧桑島眼科医院(昭和5年築)。曳家で移動し、保存された洋館です。ただ、せっかく保存された建物ですが、現在は残念ながら空家状態で常時使われておりません。個人的には、常設の展示などを行ない、まちと建物の紹介に使ってこそ建物を保存した価値があると思うのですが。

山形県長井(07)

ファイル 1696-1.jpgファイル 1696-2.jpg

旧小池医院(昭和6年築)。以前から気になっている建物です。この建物の直前まで道路の拡幅工事が迫ったままでストップしています。ほんの少しだけ、歩道分が建物にひっかかっているだけなのです。何としても、残したい建物です。

福島県会津若松(29)

ファイル 1692-1.jpg

日本聖公会若松諸聖徒教会(大正14年築)。

福島県会津若松(28)

ファイル 1691-1.jpg
会津服装専門学校。大規模な木造建築です。

ファイル 1691-2.jpg
側面に廻ると、蔦に覆い尽くされていました。

福島県会津若松(27)

ファイル 1690-1.jpgファイル 1690-2.jpg

安藤写場。一見新しそうな建物ですが、木製サッシの様子を見ると、昭和初期の建物ではないかと思われます。

福島県会津若松(26)

ファイル 1689-1.jpg

東北電力会津若松支店。屋上に御社が見えます。

福島県会津若松(25)

ファイル 1688-1.jpg
会津若松市役所(昭和12年築)。

ファイル 1688-2.jpg
丁字路の突き当たりに威厳ある姿で建っています。

福島県会津若松(24)

ファイル 1687-1.jpg

うなぎあら池。円窓、スクラッチタイルの昭和初期のアールデコ建築です。

福島県会津若松(23)

ファイル 1686-2.jpg
旧ノッス博士宣教師館(明治43年築)。現在、穴澤訪問看護ステーション、穴澤指定居宅介護支援事業所として使用されています。

ファイル 1686-1.jpg
同じ穴澤病院の敷地内には、同型の洋館が建っています。

福島県会津若松(22)

ファイル 1684-1.jpg
旧連隊兵舎(明治41年築)。

ファイル 1684-2.jpg
旧連隊の門柱です。現在、中学校の校門として使われています。

福島県会津若松(21)

ファイル 1683-1.jpg

会津漆器鈴善(昭和5年築)。昨日のA・C倶楽部も、この鈴善の蔵です。

福島県会津若松(20)

ファイル 1682-1.jpg

A・C倶楽部。喜多方の煉瓦蔵と似た構造です。

福島県会津若松(19)

ファイル 1678-1.jpg

小汲歯科医院。建物は新しい感じですが、塗装が厚いだけで相当古い医院と見ました。

福島県会津若松(18)

ファイル 1677-1.jpg

中華の店とんがらし。元々はお屋敷だったのか、料亭だったのか。

福島県会津若松(17)

ファイル 1676-1.jpg

居酒屋が入っている2連アーチの看板建築。会津若松では、こうした連アーチの看板建築の建物が目につきます。

福島県会津若松(16)

ファイル 1675-1.jpg

日本キリスト教団若松栄町教会(明治44年築)。野口英世が洗礼を受けた教会。