最近のコメント

Re:鳥取県倉吉(01)
山田 大樹
2015/03/06 21:56
Re:岩手県宮古(06)
2014/01/14 19:14
Re:福岡県門司(03)
小宮 由次
2012/10/06 18:38
Re:「まちかどの近代建築写真展in上尾」の案内ハガキ
おとやん
2012/08/09 00:17
Re:富山県戸出(07)
戸出人
2012/04/30 18:40
Re:宮城県気仙沼(46)
一関市民
2011/10/23 12:13
Re:円形校舎のページに加筆
こちらはかもめ
2011/06/04 22:45
Re:「まちかどの近代建築写真展in大阪VI」(第21回)
J-heritage 前畑洋平
2011/05/01 02:26
Re:岩手県宮古(37)
小道
2011/04/18 21:43
Re:茨城県高萩(01)
高萩高子
2011/03/21 12:24

最近のトラックバック

犬山城
青春18切符で行く,日本の「城」巡り36
2011/01/05 09:02
「まちかどの近代建築写真展 in 大阪V」が始まりました
日常旅行日記
2010/03/14 22:59
まちかどの近代建築写真展 IN 大阪Ⅴ
ひろの東本西走!?
2010/03/14 21:54
まちかどの近代建築写真展 IN 大阪Ⅴ
ひろの東本西走!?
2010/03/14 19:54
「蟹工船」より「海に生くる人々」が面白い
t2001t2001のブログ
2009/06/10 01:27
小杉町内ぶらり 続
すじてつジャストライン
2009/06/09 00:40
撮影禁止が守るものは
中小企業診断士がブランド・デザイン・マーケティングを解説!
2009/02/24 19:34
ホフマン輪窯臨時公開
Ryo's Web Page! on web sinse 1995
2009/01/26 22:53
国重要文化財の煉瓦工場公開(埼玉県深谷市)
明治史研究のための情報ブログ
2009/01/20 13:44
そうすけのこと大好き!
興味な生活の物
2008/09/03 13:04

過去ログ

記事一覧

福島県平(11)

ファイル 1012-1.jpgファイル 1012-2.jpgファイル 1012-3.jpg

陸屋根の石蔵の数々。屋根材は何なのでしょうか?

福島県平(09)

ファイル 1001-1.jpgファイル 1001-2.jpgファイル 1001-3.jpg

見世蔵と煉瓦蔵の間にはさまれた事務所。旭川や小樽などにも、この蔵と蔵の間の事務所の例があります。

福島県平(07)

ファイル 999-1.jpgファイル 999-2.jpg

旧外科医院。旧大和田医院と同じ通りにあります。

福島県平(06)

ファイル 997-1.jpgファイル 997-2.jpgファイル 997-3.jpg

旧大和田医院。三森己代松の設計による建物とか。

福島県平(05)

ファイル 996-1.jpgファイル 996-2.jpgファイル 996-3.jpgファイル 996-4.jpg

塗り分けられた商業ビル。塗り分けは別として、当初から違うデザインで3区分された長屋状の建物だったようです。

まちかどの近代建築写真展in根津

ファイル 998-1.jpg「まちかどの近代建築写真展 IN 根津」
会期:2月10日(土)~2月17日(土)
時間:10:00~17:00(最終日は15:00まで)
会場:日本基督教団根津教会 文京区根津1-19-6
主催:日本建築学会関東支部歴史意匠専門研究委員会データベースワーキンググループ
企画:まちかどの近代建築写真展実行委員会
協力:大倉ひとみ/masa/近代建築探訪メーリングリスト

特別講演会
日時:2月11日(日) 13:15~15:00
会場:日本基督教団根津教会礼拝堂
講演内容:古い建築と新しい建築をつなぐ過渡期としての大正建築(予定)
講演者:内田青蔵埼玉大学助教授
料金:無料(当日先着順50名まで 13:00から受付)
主催:日本建築学会関東支部歴史意匠専門研究委員会データベースワーキンググループ
協力:近代建築探訪メーリングリスト/建築から学ぶ会

以降の予定
「まちかどの近代建築写真展IN大阪天満屋ビルII」
 3月5日(月)~4月7日(土) 「お茶と雑貨のハaハaハa」にて
「まちかどの近代建築写真展IN松本」
 4~5月頃開催計画中

福島県平(04)

ファイル 989-1.jpgファイル 989-2.jpgファイル 989-3.jpg

表通りを一本入った裏道で、梢の中に胸像が見えました。台座が昭和初期風。建物もいい感じです。庭を見ると、どうも幼稚園のようですが、現役かどうか。

福島県平(03)

ファイル 988-1.jpgファイル 988-2.jpg

旧煙草元売捌所(昭和初期)の建物。昭和というより、明治の建物のよう。ペンキの色が眩しいです。

福島県平(02)

ファイル 987-1.jpg

いわき駅を出て、最初に見つけたのがこの建物。今日は、なかなか勘が冴えています。函館にでもありそうな商業ビルです。

福島県平(01)

ファイル 986-1.jpgファイル 986-2.jpg

原歯科医院。現いわき市の中心市街地です。小道さんのブログで、とんでもない建物が沢山残っていることを教えられ、探訪することにしました。日没まで半日歩きましたが、お宝物件が妙に残っています。駅前の再開発ビル工事が痛いです。

昨年ヒットした映画「フラガール」の舞台の町(本当は合併前の常磐市です)でもあるわけですが、映画効果はあまりない感じです(泣)。

岡山県牛窓(07)

ファイル 983-1.jpgファイル 983-2.jpg

旧医院や旧官庁などの建物だったのではないかと思いますが、いかがでしょうか。

岡山県牛窓(06)

ファイル 982-1.jpg

聞き取りでは、旧信用金庫の建物とのことです。全く引きがとれませんでした。

岡山県牛窓(05)

ファイル 981-1.jpg

旧簡易裁判所(大正4年築)。聞き取りでは、旧検察庁とのことでした。

大正時代に朝日新聞ビルの上にあのタワーが建てられていれば……

13日、「山田守展シンポジウム」へ行ってまいりました。大変面白く、また、一方では個人的に宿題を与えられてしまった内容でした。

まず、建築博物館館長の林昌二氏のあいさつ。山田守との接点として、山田守が長沢浄水場の仕事をしたとき、林氏はその下水処理場の仕事をしており、完成した浄水場を見に行って「とてもモダンな建物だ」という印象を持ったとのことでした。また、京都タワーの構造が応力外被構造であるということを今回の展示で知り、驚いたとのことです。缶詰のように外被で成り立っている塔だといいます。

次に東京工業大学の藤岡洋保先生が山田守の作品の紹介。続いて、パネル講演として、まず、東海大学の岩岡竜夫先生の東海大学キャンパスの案内。井上章一先生の「衰弱してくると人気が出てくる」という話。最後に、藤森照信先生の「山田守の建物の表皮」の話。外壁にタイルを使用する特殊性を述べていました。

休憩の後、パネルディスカッションです。さまざまな話題が出ていましたが、建築史上での山田守の位置づけが難しいという点、京都タワーを認めるかどうかという問い、メタ景観論争の問題などが印象的でした。藤森先生が、大正時代に東京の朝日新聞社ビルの上にあのタワーが建てられていれば、日本建築史での金字塔となっていたが、あの時代に京都という場所ではという評価をしておりました。

旧朝日新聞社社屋(「分離派建築博物館」HPより)
http://www.sainet.or.jp/~junkk/ishimoto/asahi.htm

岡山県牛窓(02)

ファイル 978-1.jpgファイル 978-2.jpg

旧牛窓警察署(明治20年築)。登録文化財です。現在、海遊文化館として活用されています。

明日より「フランク・ロイド・ライトと武田五一」展

ファイル 976-1.jpg

広島県の福山市にあるふくやま美術館で、明日より特別展「フランク・ロイド・ライトと武田五一」展がスタートします。会期は、2007年1月13日から3月11日まで。
http://www.city.fukuyama.hiroshima.jp/fukuyama-museum/schedule/special/flw_takeda/

今回の特別展にはずいぶんと力を入れているようで、記念講演会が4回も、そしてシンポジウムも予定されています。

ふくやま美術館では、2004年に特別展「武田五一・田辺淳吉・藤井厚二~日本を意匠した近代建築家たち~」を開催しており、その際の図録が好評でした。

何とか、3月に行きたいと思っています。

香川県坂出(06)

ファイル 975-1.jpg

水尾メリヤス。元は金融機関でないでしょうか。

香川県坂出(02)

ファイル 971-1.jpgファイル 971-2.jpgファイル 971-3.jpg

旧坂出警察署(昭和12年築)。今年、解体との情報があります。アーケードに隠されていますが、円窓、円形の留置所など、壊してしまうのは惜しい建物です。

香川県坂出(01)

ファイル 970-1.jpg

角本金栄堂(昭和7年築)。駅前通と交差するアーケード通の角地に建つ、典型的な「まちかどの近代建築」です。

島根県温泉津(06)

ファイル 969-1.jpg

ミミズクのようなメダリオンが付いている建物。

島根県温泉津(05)

ファイル 968-1.jpg

この町家の2階に付いた洋風部分が、洋館の残存なのか、部分の移設なのか、あるいは当初からこのような状態なのか、見当もつきません。

島根県温泉津(04)

ファイル 967-1.jpg

角地に建つ商店です。四角い窓の配列に、面白さを感じました。

島根県温泉津(03)

ファイル 966-1.jpg

旧金融機関です。昭和30年代築位でしょうか。

島根県温泉津(02)

ファイル 965-1.jpg

全く由来がわかりませんが、旧医院か旧役場ではないかと思われます。

島根県温泉津(01)

ファイル 964-1.jpg

今年の年賀状に載せた温泉津温泉の共同浴場です。総覧には、「旧温泉文化休憩所」とありますが、隣接する共同浴場「藤の湯」の旧館ではないかと思います。